::Aller en bas::

Comme expliqué dans la page "Nouvelles histoires", Makoto Raiku a débuté une nouvelle série à succès après s'être longuement documenté sur le domaine des animaux. Mêlant humanisme et cruauté de la traditionnelle "loi de la nature", Doubutsu No Kuni (Le monde des animaux) est un shônen qui vaut le détour.

En attendant avec hâte que le manga sorte en France (il sort déjà aux "states"), voici une page destinée pour l'instant aux japonais qui veulent acheter des tomes ou voir à quoi ça ressemble ; je met à jour cette page à chaque nouvelle sortie.

Tome 01 :

  動物しかいない星「どうぶつの国」に暮らすタヌキのモノコ。両親を大山猫に食べられ一匹ぼっちになってしまったモノコは、ある日、見たことない動物‥‥人間の赤ちゃんを拾う! 小さな出会いが世界を変える、奇跡のアニマルファンタジー開幕!!



Sortie au Japon : 17 mars 2010
Tome 02 :

  「タロちゃんがオオカミにさらわれたー!!」 飢えたオオカミ一家にさらわれたタロウザ。オオカミの真の狙いは、タロウザを救いにきたタヌキの群れを一網打尽にすること! この世界で生き抜き、家族を守るには、「奪う」か「殺す」しかないのか!? 心揺さぶるアニマルファンタジー第2巻!!


Sortie au Japon : 16 avril 2010
Tome 03 :

  タロウザが「どうぶつの国」に来てから7年。少年へと成長したタロウザは、ライオンに育てられた人間の女の子・カプリと出会う! しかし、草食動物を“食べ物”としてみている肉食のカプリとの溝は深く、物別れに。本当は仲良くしたいのに‥、草食動物を守るためタロウザは、カプリ率いるライオンの群れとの戦いに立つ!! 奇跡のアニマルファンタジー、“真章”突入!!


Sortie au Japon : 17 août 2010
Tome 04 :

  強い親ライオンに守られ、育ってきたカプリだったが、ある日、ライオン同士の縄張り争いに巻き込まれ、父ライオンを殺されてしまう。そして、残されたカプリと子ライオン達には、新しいボスによる「子殺し」の掟が待っていた‥。カプリの運命を知ったタロウザは、彼女を救うため決死の覚悟でライオンの群れへと向かう!


Sortie au Japon : 09 décembre 2010
Tome 05 :

  「どうぶつの国」に現れた3人目の人間、ジュウが操る未知なる力「火」によって、タロウザの村は壊滅的ダメージを負ってしまう。ジュウの強さに魅せられて彼のあとを追う動物や、新たなエサ場を求めて村を出る動物など、仲間達もバラバラに‥‥。「この世界にウソを持ち込むな」。ジュウの言葉がタロウザを襲う!!


Sortie au Japon : 09 mars 2011
Tome 06 :

  海へと向かう旅の途中、タロウザは更なる人間の存在を知る。それは、言葉巧みに動物同士が殺し合うよう仕向ける人間、ギラー。「ヒトがギラーのような奴ばかりだったら、どうぶつの国は終わる」その言葉に、タロウザの不安は広がる‥‥。そして、海への旅が終わる時、タロウザの前に驚愕の真実が現れる!!


Sortie au Japon : 09 juin 2011
Tome 07 :

  タロウザ達が「永遠の実」を求めて訪れた、第5の人間・リエムとゴリラ達が暮らす楽園、ジーン・グレイル。他者の侵入を拒み続けているその楽園に、怪物「キメラ」を率いたギラーが現れ、強襲! その目的は二つ‥、この場の動物を皆殺しにすることと、「バベルの塔について書かれたノート」!!


Sortie au Japon : 07 octobre 2011
Tome 08 :

  モノコが「モコ」を出産する姿を見たタロウザは、自分が守るべきは“この幸せ”だと実感し、バベルの塔へは行かない決断をする。平穏な日々を送るタロウザだったが、それも束の間、ケガしたタロウザをオオカミから守ろうとしたモノコに悲劇が襲う‥。“弱い者は強い者に喰われる”この世界に怒り震えるタロウザ、ついにバベルの塔へ!!


Sortie au Japon : 09 février 2012
Tome 09 :

  動物の鳴き声統一のためにバベルの塔を目指すタロウザと、ライオンの女王として家族を守るためにそれを認められないカプリ‥‥。互いに譲れぬものを背負った二人の悲しくも気高い激闘が続く一方で、リエムがギラーによって連れ去られてしまう。「お前が望んだバベルの塔の内部を見せてやる!」


Sortie au Japon : 10 juillet 2012
Tome 10 :

  リエムの救出と、バベルの塔上層階への道を目指し、キメラとの戦闘に死力を尽くすタロウザ率いる動物達。肉体の限界を超え戦い続けるタロウザに、キメラが容赦なく襲いかかる!! 「オラの血は熱い! まだいける」


Sortie au Japon : 07 décembre 2012

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Maison d'édition : Kôdansha.
Prix pour chaque Tome: 440 ¥ (4 euros).
Format de chaque Tome: 6.6 x 4.5.
Nombre de pages : une double-centaine.
Nombre de pages par chapitre : une cinquantaine.
Sources : Amazon.co.jp

                                             ::Revenir en haut::


Demandez à l'administrateur pour utiliser son contenu.
Victorim/Very-Zatchbell.com 09-13 - Zatch bell! © 01-06 de Makoto Raiku, Shogakugan/Kana

En-bas Commentaires En-bas